西武ライオンズ戦力外

戦力外の予感が当たったな・・・

戦力外

ライオンズが5人の選手に来季の戦力外を通告した。
うすうす感じていたかもしれないが、球団事務所に呼び出されるとショックは大きいだろう。

第二の人生の方が長いから、頑張るしかない。
野球しか知らないから、これから先が苦労するんだよな・・・

ライオンズ戦力外

藤原良平投手、玉村祐典投手、豊田拓矢投手、福倉健太郎投手、坂田遼外野手

坂田は左のおかわりとして期待されていたが、ケガに泣かされた選手だ。
あれは確か2013年のシーズンだったセカンドにヘッドスライディングをして左肩を脱臼してから、ケガに泣かされ続けてきた。
周囲はホームランバッターとして期待していが、大学時代から中距離ヒッターとして活躍しており、にゅだん2年目の2010年の7月に6本塁打をしたときに、左のおかわりとして注目された。

そのホームランという期待が重圧になりバッティングフォームを崩したり、悩んだりして満足のいく選手生活ではなかったと思う。

藤原良平投手。
スピードはあるがノーコンピッチャー。
気持ちも弱いので右打者のインコース攻めができずに、アウトコースのボールを置きに行く癖があってついに目が出ないまま戦力外。本人も今年結果が出なければ引退も覚悟してという。悔いが残る野球人生だったろう。

玉村祐典投手
まだ22歳だけにトライアウト受けて欲しい。
ひょっとしたら他のチームで開眼するかも知れない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう