戦力外

優勝したが気になる来季の戦力外選手は誰だ??

10年ぶりに優勝したライオンズ。優勝の陰で来季の戦力外通告をいわれる選手は誰?
喜ぶ選手もおれば、来季の首をうすうす感じている選手もいるだろう。俺は首になるとは思いたくはないのだが、実力社会である以上は、活躍しない事にはいくらイケメンであろうが、オヤジが代議士であろうが地位や名誉で引き留められるほど甘くもない。

過去にホームラン王であろうがエースであろうが、寄る年波やケガに勝てずに、突然戦力外を通告される。
通告するほうも心情は穏やかではない。

通告された選手の家族を思うと同情したくなる。
また今年も戦力外の妻とかいうテレビ特番もあるんだろうな。
視聴者にとって興味があることだが、選手側としてこういうのは放送してほしくないだろう。

さて、2018年西武ライオンズの戦力外は誰だ?
今年は優勝したこともあって最低限少数の通告になると思う。
勝手に予想して選手には悪いが
投手では、
藤原良平(32歳)・豊田 拓矢(31歳)小石 博孝(28歳)・

捕手では中田 祥多(28歳)・

外野手では坂田 遼(32歳)・熊代・斎藤彰吾

できれば予想は外れて欲しい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。