1. 西武ライオンズ戦力外
  2. 223 view

戦力外になった小石投手が涙の引退~生活をかけて巨人へ

小石投手引退

今シーズン限りで、戦力外になった小石投手。トライアウトではマウンドに立ち投球前には大声で挨拶して関係者の注目を集めた。3人の打者相手に無難な投球をしたものの、どこの球団からもオファーが届かずに無念の引退を決意した。

小石本人は戦力外になったことを真正面から受け取ることができなくて、泣いたそうだ。
しかし野球が好きだからこそ、もう一度マウンドに立ちたい。
そうした思いからトライアウトを受けた。

そうして、オファーを待つことの時間の長さ。
自分でも経験あるが、いやなことや不安なことを解決できるまでの答えが見つかるまでの1分1秒の長いこと。

おそらく小石自身は家族に言えない部分を腹に抑えて、引退を決意したのだろう。

さて、2011年ドラフト2位指名で入団してきた変速左腕に、僕も正直大きな期待をしていた。
それは先発型の左腕としての期待だったが、チームの方針はそうではなかった。

たらればの話になるが、最初から先発ときめて体つくり、フォーム修正などをきちんと決めてマウンドに上げてやったら、結果を出していたかもしれない。またライオンズ以外の球団に入団しておれば、まだ来シーズンでも戦力としてマウンドに立っているかもしれない。

人間の運命というのは、自分でどうすることもできないときがある。
サラリーマン社会と同じで、人事評価制度というのがあって、部下である自分の上司が本人の評価をする。
この人事評価査定によって、昇給、昇進が決まっていく。

極端に言えば、自分の生活を上司である他人に決められていく。
他人から決められるレールに乗って、生きていかなければならないのがサラリーマンだ。

小石だって、思うことはあっても、コーチや監督に直談判できずに、モヤモヤしていた時期もあったろう。
しかし契約という二文字に縛られて、自分が思った道を進めなかったこと後悔もあるだろう。

引退を決意した小石の心情を思い量ることはできないが、巨人の打撃投手になった。
ただ単に行き先がなかったから、その道を選んだのか?

いやいや、勘ぐれば、巨人の支配下を勝ち取るべく打撃投手を買って出たのか?
はたまた巨人サイドから、打撃投手→支配下のオファーがきたのか?

一度引退したから、二度とプロに戻れないことはない。
自分を信じて巨人の裏方に徹する小石の情熱は冷めているのか、まだ燃え続けているのか?
変則左腕がセ・リーグで通用する可能性が大きいだけに、今後の小石の活躍にも注目しておきたい。

西武ライオンズ戦力外の最近記事

  1. 戦力外になった小石投手が涙の引退~生活をかけて巨人へ

  2. 「泣いて馬謖を斬る」投手王国つくりへ今季不調のヒースを戦力外に

  3. 2019年トライアウトを受けた小石、高木勇人、松本直の結果は??

  4. 球団がパ・リーグ3連覇へ向かって着々と動いている~マーティンがウェーバー公示(戦力外)

  5. 中田、星の両捕手が戦力外通告。星はあっさり楽天へ再就職。

関連記事

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • L党一筋41年
    • 2019年 12月 13日

    巨人なら許せる。炭谷が口添えしたなんて言う記事見たし

     まあ東北に行かなくてよかった。森党の私ですが、炭谷も気にしてます。コ-チとして将来戻ってくると思う。やはり面倒見がいい。小石も頑張れ

読むだけでも元気になれる情報

おすすめ記事

  1. 西武ライオンズ監督

    西武歴代監督特集~西武黄金時代のトレンディーエース渡辺久信投…
  2. 選手の動き・ニュース

    松坂復帰、渡辺GMの英断にアッパレ!
  3. 選手の動き・ニュース

    秋山残留!1番センター秋山で2020年オリンピック出場!秋山…
  4. プロ野球雑記帳

    山川が打撃不振のドツボにハマった原因はひょっとすると??

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

2019名勝負

中村400号はサヨナラ劇的勝利!




アーカイブ