2020年ライオンズの新外国人投手の戦力はいかに??

新外国人投手西武ライオンズオフ・ストーブ情報
この記事は約3分で読めます。

パ・リーグもセ・リーグも2020年のシーズンに備えて外人の新戦力を次々と発表していますね。獲得する球団が大きな期待を持って獲得しているのでしょうが、ファンからすれば日本では未知数だけに、どうしても期待より不安のほうが大きくなります。コレまでライオンズが獲得して期待通りに活躍した外人選手は指折り数えられるほど。ずば抜けて外人選手獲得の目利きがいいわけではない。12球団見渡して、新外国人選手が活躍している球団で目立つのが巨人、ソフトバンク、広島くらいかな~。
ライオンズは今年のニールが予想外に大活躍したけど・・・マーティン、ヒースは波が大きかったし、郭俊麟にいたってはなんだかわからず退団。
来季はなんとしても防御率を3点台に抑えて3連覇するためにも2020年新外国人2人の投手に注目。

2013年からの新外国人投手評価

下表を見てもらえばわかるけど、ライオンズの外国人投手が活躍した人数は非常に少ない。サファテ、シュリッターにしても1年で退団しており、サファテに至っては契約問題でソフトバンクに獲られて、それ以来、コテンパンにやられている。2018年はマーティン、ヒースが加入して優勝に貢献したようだが、Bランクを付けるまでの活躍ではなかった。
過去8年間で期待通りの働きをしたのがニール、そして少し落ちるがウルフくらい・・・。

投手名入団~退団登板勝・敗S・H防御率評価
デニス・サファテ13(1年)589・110・161.87
マイケル・ボウデン14(1年)362・10・54.50
グレッグ・レイノルズ14(1年)123・70・05.46
ミゲル・メヒア15(1年)40・00・014.73外れ
E・バスケス15~16(2年)533・10・154.24
郭俊麟15~戦力外364・100・06.04
フェリペ・ポーリーノ16(1年)90・60・04.70外れ
アンディ・バンヘッケン16(1年)100・40・06.31外れ
C.C.リー16(1年)180・00・16.48外れ
ブライアン・ウルフ16~18(3年)4117・80・03.98
ブライアン・シュリッター17(1年)641・50・322.83B
フランク・ガルセス17(1年)182・20・06.39
アレクシス・キャンデラリオ17(1年)10・10・021.00外れ
スティーブン・ファイフ17(1年)なし外れ
ニール・ワグナー18(1年)382/114.22外れ
カイル・マーティン18~戦力外634・62・243.13C
ファビオ・カスティーヨ18~戦力外207・43・14.48
デュアンテ・ヒース18~戦力外12612・1019・262.66C
ザック・ニール19~(在籍中)1712・102.87A

2020年新外国人投手は期待できるか?

今年のオフは、投手強化に積極的に動き先発左腕のショーン ノリン投手、リリーバー右腕リード・ギャレット投手を獲得した。
メジャーでは2人共これといった活躍はしておらず、動画を見る限りでは、期待より不安のほうが多いと見るファンは多い。(僕もその一人)

しかし、ニールが大化けしたように、二人とも年齢が若いので順応性も高いようだし、期待通りの働きをする予感もある。
この2人がニールのような働きをすればだが3連覇も夢ではない。

コメント

  1. L党一筋41年 より:

    大化けすること期待しましょう。

     どうなるか分からないが、メジャーへ行ってもいい環境を作るべき、もちろん残留希望だが

     菊池も残留、大馬鹿なことはしないと思う

タイトルとURLをコピーしました