3連覇!日本一へ!チームスローガンがLeolution!(レオリューション)に決定!

2020年新スローガン西武ライオンズオフ・ストーブ情報
この記事は約2分で読めます。

今年のチームスローガンは、色々な意味で改革・飛躍という意味でライオンズと改革をかけ合わせたスローガンが発表された。
どこかの音楽グループの曲名みたいなチームスローガンだが、ここは素直に大歓迎しておこう。

キャンプまでもう10日しかないし、そろそろ新外国人選手も来日するだろうし、ノリン投手にいたって本人のSNSでも早く日本に行きたいみたいなコメントを書いていた。

改革その1

チームもファンもいちばんの目標は3連覇、そして日本一しかない。
そのために、最優先すべき改革は投手力。
つまり防御率を3点台。できれば3,56 くらいが望ましいが。
とにかく若手投手の意識改革、そしてレベルアップ。
ここに新外国人投手、松坂が加わり、期待通りの成果を出して初めて投手の改革となっていく。

改革その2

そして打線は、秋山が抜けた後の外野競争。
金子だってレギュラーが約束されたわけではないし、若手にとっては絶好のチャンスなのだ。
自分は内野だからと他人事のように考えないで、ポジションを変えてでもレギュラーを取る執念を見せて欲しい。

当然、新人だからまずは体力作りとか考えないで開幕1軍を目指して欲しい。
特に僕は新人の岸に期待している。
まったく未知数ではあるが、キャンプから、遠慮せずに開幕一軍へ名乗りを上げて欲しい。
そうすれば、愛斗や鈴木ら若手、そして金子や木村だってウカウカしておれなくなる。

そうした意味合いを込めて、岸には頑張って欲しい。

高校、大学とこれまで溜まっていたフラストレーションを爆発させて、秋山同様に最初は守備優先で起用されていけば、おのずとバッティングもレベルアップするだけの潜在能力は持っている思う。

この記事をご覧いただきありがとうございます
他の人のライオンズブログもお読みください
↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

(いつも読んでいただきありがとうございます!)

コメント

  1. L党一筋41年 より:

    私は川越期待です。でもいずれにせよ、若手が奮起しなければ話になりません

     競争してほしい。

タイトルとURLをコピーしました