ガリガリが太るために必要な食事の取り方

ライオンズでガリガリ細マッチョのイメージは、源田選手、金子がすぐ浮かぶけど、どうしてどうして彼らの筋肉はプロ選手に必要な筋肉をまとっているので、見た目はガリガリでも中身は鋼鉄をまとったようなもの。

それに鍛えられた体脂肪率が、ファンおっさん連中の体脂肪率と比べようもない。しかし中には太りたくても太れない選手はプロ野球だけではく多いと聞く。
それに、普通の人でもなかなか太りにくい体質も多いし、無理して体重増加の食事療法や筋トレを素人考えでやると誤った方向へ行きかねない。
そうしたトラブルを防ぐために、ちょっと知っておけばいい情報をまとめてみます。(ゴンちゃんは健康管理士という立場で色々な情報をまとめた総論です)
痩せているなら食事量を増やせはまちがい

H3見出しa

ガリガリな人が太ることは、太っている人が痩せるぐらい難しいものです。「痩せているなら食事量を増やせ」と言われますが、食欲がないのに食事量を増やすのは難しいですよね。実際に私も元々は175cm・49kgだったので、食事量の増やせない辛さは分かります。

また、痩せ型の人でも「食事量は人よりも多い」という人でも、基礎代謝が他人より高いせいで筋トレをしても効果を感じにくい人はいます。筋肉を大きくするためには「摂取カロリー > 消費カロリー」の図式が成り立たつ必要があり、基礎代謝が高い人は何もしなくても消費カロリーが大きくなってしまいますからね。

さらに、自分では食事量が多いと思っていても、実は標準体重の人と比べるとそうでもない場合もあります。「毎日夕食はご飯2杯食べる」とうのは標準体重の人なら当たり前の人が多く、無理をすれば3~4杯ぐらい食べられます。筋肉を大きくするためには毎日これぐらいの食事量にする必要があります。

何を食べるかは特に関係なし!とにかく1日の食事量を増やせればOK

痩せ型の人は「何を食べるか?」よりも「食事量をどうやって増やすか?」を工夫する必要があります。ある程度マッチョになったら「何を食べるか?」いわゆる食事の質を上げて効率的に筋肉をつけていくのですが、ガリガリから細マッチョになる段階では質よりも量です。

  • 食欲がわかない ⇒ 普段よりも頭を使ったり運動をしてお腹を空かせる
  • 一度の食事量が増やせない ⇒ 1日4~5回に食事を分散させる、高カロリーなものを中心に摂取する

とにかくたくさん食べなければどれだけ筋トレをしても絶対に筋肉がつくことはありません。一度自分の基礎代謝をチェックし、毎日の摂取カロリーを基礎代謝以上にしましょう。

基礎代謝の計算は↓のサイトでチェックできます。
基礎代謝量自動計算

当然、摂取カロリーが基礎代謝を大きく超えるほどトレーニングの結果も返ってきやすくなります。


プロテインとHMBサプリの併用が一番効果的

食事量を増やす工夫をし、自分なりの限界まで食事量を増やせたら、後は筋トレ後にプロテインとHMBサプリを併用して飲むのがおすすめです。ガリガリの人の中には「太りたいけどプロテインとかは飲みたくない」という人がいますが、ハッキリ言ってそれはかなり難しいです。

私もそうでしたが、いくら「食事が大切」と言われても限界がありますし、頑張っても標準体重の人並に食事を摂ることは私にとっては不可能でした。

しかし、そんな私でも今では175cm・74kgを達成できたように、「自分なりの食事量の限界」+「プロテイン&HMBサプリ」の組み合わせでも十分太ることが可能です(もちろん筋トレを必要ですよ)。

プロテインはタンパク質やアミノ酸などを豊富に摂取することができ、HMBサプリは筋肉アップ効果が高いHMBと呼ばれる成分を効率よく摂取できます。HMBはプロテインにも含まれていますが、5%程度しか含まれていないので、別途購入してプロテインで流し込むのがおすすめです。

せっかく効率的に筋肉をつけられるものがあるのに、お金の出し惜しみはかなりもったいないですよ。「プロテインまたはHMBサプリどちらか1個しか摂らない」というのもダメです。

プロテインとHMBサプリはそれぞれ摂取する目的が違うので、どちらか一方だけでは太るためには不十分です。

食事量を増やしてしっかりと筋トレを行うように、摂取カロリーも「自分なりの食事量の限界」+「プロテイン&HMBサプリ」の組み合わせで満たしていきましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
当ブログは、プロ野球ブログランキングに参加させて戴いております。
この記事をご覧いただきありがとうございます。
他の人の野球ブログはこちら
↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
プロ野球人気ランキングへ
(いつも応援、ご投票いただきありがとうございます)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。