2020ライオンズ主力選手の年俸予想~サラリーマンの生涯年収を1年で稼ぐ凄い努力!

契約更改契約更改
この記事は約3分で読めます。

12月に入ればライオンズの主力選手の契約更改が始まる。選手にとっては今年1年の働きを評価されるわけだから、成績が良かったり、タイトルを取った選手は、それなりに算盤を弾いて、ニヤついたり、一方では完全お手上げ状態で素直にハンコを押す選手もいる。

契約更改は球団と選手との銭闘で、思惑通りの金額でなければゴネる選手もいたり、トレードに出してくれとタンカを切った選手もいたが最近はそんなシーンも少なくなった。
その裏には、昔のどんぶり勘定査定から、電子機器や科学的データを駆使した選手個人の緻密なデータで査定されるものだから、妙に説得力がある。なので、査定に不満でもゴネることなく、そうかな~と納得してハンコを押す。

昔は優勝すると大盤振る舞い査定だとメディアも大きく報じていたが、ライオンズより先駆けて、ジャイアンツやホークスの査定が始まっているが、金額を見れば大盤振る舞いはないようだが、さてライオンズはどうだろう。






2020年主力選手の年俸を期待を込めて勝手に予測

一足早くゴンチャンがライオンズ主力選手の来季2020年の勝手な年俸を予測してみた。

主力野手の年俸予測

金子侑司が来季FAなので、引きとめのために、1億アップ+出来高の3年~4年の複数年契約を提示。しかし、金子が複数年契約を断ったとしたら、来年はFA流出の危機だ。。。
森友哉、外崎、山川あたりも遅くても来季は複数年契約をゴリ押ししてでもやるべし。

選手名今季推定年俸2020年年俸予想確定年俸(推定)
秋山翔吾2億3,500万円メジャー移籍※残留なら5億円
源田壮亮8,000万円1億2,000万円1億4.000万円
森友哉8,000万円2億円2億円
中村剛也2億8,000万円3.3億円3,5億円
外崎修汰7,000万円1億1,000万円1億4,000万円
栗山巧1億3,700万円1億4,000万円1億5,000万円
山川穂高1億1,000万円2億2,000万円2億1,000万円
木村文紀2,360万円3,000万円4,500万円
金子侑司5,700万円1億5,000万円+複数年1億2,000万円+複数年
熊代聖人1,000万円1,200万円1,200万円
メヒア5億円1億5,000万円1億円

主力投手の年俸予測

投手では多和田が3000万円ダウン、榎田はシビアに見るなら500万円~1000万円ダウンだが、温情査定で現状維持にした。若手四天王(高橋、今井、松本、本田)全員アップだが、野手に比べるとアップ幅が小さい。平井は後半失速したが、5,000万円アップ、増田も5,000万円だが来季のFAを考えると1億アップの2億円+3年の複数年契約。

選手名今季推定年俸2020年年俸予想確定年俸(推定)
ニール7,150万円2億2,000万円
髙橋光成1,850万円4,000万円4,000万円
今井達也1,800万円3,600万円3,500万円
松本航1,500万円2,000万円2,100万円
増田達至1億円1億5,000万円+複数年1億9,000万円
平井克典3,500万円8,000万円1億円
榎田5,500万円現状維持4,800万円
平良海馬600万円1,000万円1,200万円
本田圭佑650万円1,500万円1,600万円
十亀剣5,100万円9,000万円7,000万円
小川達也1,700万円2,300万円3,300万円
多和田真三郎8,000万円5,000万円

他人の懐とはいえ、羨ましい金額ですな~
この記事をご覧いただきありがとうございます
他の人のライオンズブログもお読みください
↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

(いつも読んでいただきありがとうございます!)

コメント

  1. L党一筋41年 より:

    実際、球団がFAの危機感を感じ、出すか、微妙な気がします

     投手も甘いと思いましたが、今までが厳しすぎですよね

     牧田2年4億、高すぎます

タイトルとURLをコピーしました