1. 内野手
  2. 93 view

2020年は2つのプレッシャーと戦うニュー源田が見られる!

秋山ー源田

秋山選手がレッズに移籍したことはライオンズにとって痛手でもあるが、ある意味プラスにもなる。
これまでの秋山はバッティングだけではなく、メンタルな部分での貢献度も非常に高かった。秋山は昨年キャプテンを任命されたが、キャプテンという重責を意識しないで、プレーで選手たちを励まし、コミニュケーションを取っていた。
秋山がいることでチームにも安心感と一体感が生まれて、相乗効果を発揮していた。
画像出典:週刊ベースボール

源田1つ目のプレッシャー:キャプテン

その秋山が抜けるとなれば、誰がカバーするか?で、その大役を任されることになったのが源田だ。
源田は入団して3年目の昨年は、投手がピンチを招くと再三マウンドに行って投手を励ましていた。
これは2年前にはほとんど見られなかった光景だ。

源田自身は、今年には秋山が抜けることを信じて疑ってなかったからだろう。

秋山が抜けたときに誰がチームを支える中心的な役割をしないといけないかを考えたときに、源田自身がそうあるべきだと考えての行動だったのだろう。

源田はパッと見はおとなしそうでシャイなイメージを受けるが、メンタルな部分では秋山以上に強いものを持っていると思う。秋山同様に人懐っこい笑顔キャラも、チームを救い、鼓舞する武器にもなる。

今季からキャプテンを拝命し、3連覇へ向けてスタートするが、源田にとってキャプテンとはなんぞやという答えを出すプレーを見せてくれると思う。

つまり、1つ目のプレッシャーであるキャプテンの重責もこなしてくれると思う。
そうして源田自身も進化していくだろうし、そうした姿を見る若手の成長への起爆剤になるだろう。

2つ目のプレッシャー:結婚

源田が結婚したというのは、正直驚きだった。
恋愛~結婚には奥手のイメージがあるが、僕のそうした思いを完全に裏切って、プレー同様に素早いフットワークで、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバーである衛藤美彩という美人妻をキャッチした。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/25/kiji/20191025s00001173074000c.html

結婚したら家族を養う責任がある。
プロ野球選手は一寸先が闇の商売だから、万が一ケガや不振で出場機会を減らすと、戦力外という非常通告が待っている。源田もプロ入り3年を経験し、プロの世界の厳しさも実感している上で、自分自身の将来を考え1日も長く、現役でプレーするために決断した結婚だと思う。試合で疲れた心身を心を癒やし励ましてくれる奥さんがいればこそ、グランドでキャプテンとしての輝きも放つことができると思う。

僕なりに、源田にとって「キャプテンと結婚」はプレッシャーと書いたが、源田は、この2つのプレッシャーを楽しみ、何事もないように克服するタフな男のようだ。

この記事をご覧いただきありがとうございます
他の人のライオンズブログもお読みください
↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

(いつも読んでいただきありがとうございます!)

内野手の最近記事

  1. 2020年中村剛也のやる気・本気

  2. 2020年は2つのプレッシャーと戦うニュー源田が見られる!

  3. 外崎リンゴが楽天カラーに染まっていくんだろうか?

  4. ライオンズ愛を貫くメヒア残留にほぼ合意!

  5. エルネスト・メヒア応援歌~ライオンズ愛を貫く情熱のスラッガー

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

読むだけでも元気になれる情報

おすすめ記事

  1. 西武ライオンズ監督

    西武歴代監督特集~西武黄金時代のトレンディーエース渡辺久信投…
  2. 選手の動き・ニュース

    松坂復帰、渡辺GMの英断にアッパレ!
  3. 選手の動き・ニュース

    秋山残留!1番センター秋山で2020年オリンピック出場!秋山…
  4. プロ野球雑記帳

    山川が打撃不振のドツボにハマった原因はひょっとすると??

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

2019名勝負

中村400号はサヨナラ劇的勝利!




アーカイブ