雄星期待を裏切る!

菊池雄星2015年公式戦結果
この記事は約2分で読めます。

CS進出を懸けた対ロッテ最終戦、岸の脇腹痛というアクシデントで、菊池に先発が回ってきたが、ここで弱虫小虫の菊池が顔を出した。プレッシャーに弱いあまちゃん坊っちゃんの表情で、初回から汗びっっしょり。雄星が悪い時の顔の表情の目を見ればわかる。細い目がうつろになり、両目が下がる。そして、汗が普段以上に出る。テレビ画面を通じでも汗が滴るのがわかる。こうなるとノーコン病で、ストライク欲しさに、珠を起きにいくとところを痛打される。

これが初回から出ては、守る方のリズムも悪くなり、打線もしっくりいかなくなる。先制点を取られた直後の2回裏に森の逆転2ランで一度は逆転したものの、終われば4安打で敗戦。

秋山ヒット1本で209本、イチローの記録にあと一本、マートンの214本に残り5本。残り2試合で記録を達成して欲しい。

中継ぎに西口が現役引退投球して、惜しみない拍手を受けた。その後、武隈、負け田(牧田のこと)と続くが、ここで負け田が追加点を献上して4:2となる。これで4位ロッテに0.5里差と詰め寄られる、残り試合西武2.ロッテ7を考えると、もはや逆転されるのも絶望的。西部が連勝したとして、ロッテが5勝2敗なら西武のCS進出は決まる。

だが、CSが決まったにせよ、岸、高橋朋己、脇谷離脱では、戦況は厳しい。
しかし、勝負はどうなるか、わかならい・・・このわからないに一縷の望みを託して西武を最後まで応援しよう。




●パ・リーグ公式戦 2015年9月28日(月曜日)
■25回戦:西武11勝13敗1分(西武プリンスドーム:32,088人)

ロッテ1020001004
西武0020000002

▽勝利投手:石川26試合12勝12敗
▽セーブ:内18試合1勝1敗3S
▽敗戦投手:菊池21試合9勝10敗2敗
▽本塁打:森17号②、デスパイネ18号②(ロッテ)

タイトルとURLをコピーしました