球団は森友哉のMVPに満足せずに、森のFA(2022年予定)は全力で阻止せよ~!

森友哉MVP森友哉#10
この記事は約5分で読めます。

2019年ベストナインやMVP選考会があって、ライオンズから5人の選手がベストナインに選出されたのはご承知の通り。パ・リーグのMVPには予想通り僕らの森友哉が選ばれた。しかも捕手では、野村さん、城島選手に次いで3人目という偉業を達成した。野村さんが南海ホークス時代は、西鉄の中西太さんとホームランや打点を競っていた。あの当時は白黒テレビだったが、子ども心にブラウン管に釘付けだった、またよく野村が打ったよ。
さて、森が24歳でMVPです。しかも正捕手になって1年目にMVPですから。
ライオンズファンのみならずプロ野球担当記者の全員が森のMVPを予想していなかったと思うよ。
森MVP
画像出典:スポニチ
僕なんか、銀ちゃんがジャイアンツ行った時、正直森で大丈夫かと思ったけど、森の反骨心はすごいね。
そういう心配の声を絶賛の声に変えた森の精神状態は半端じゃないね。

MVPの表彰式では、今シーズン一番記憶に残ったのは甲斐野から打っった逆転2ランと言ってたけど、あのレフトへの流し打ちは見事だった。

延長12回激闘も投手力の差で敗戦【7月8日:ソフトバンク12回戦】
ソフトバンクとの3連戦初戦は高橋光成が先発。 相手はミランダ。 高橋光成は前回ロッテに8連打され8失点でKOされているだけに、この1週間の調整具合を楽しみにみていたが、結果的にホームラン3本も打たれるということはボールのキレも威力も...

一見やんちゃ坊主の雰囲気がプンプンだが、今どきのプロ野球選手は個性がなくて面白みがないけど、森は個性的で発言もユニークだし、先輩・後輩でも歯に衣着せず遠慮なくモノを言うのがいい。昔は森のような個性的な選手が多かったが今は全体的におとなしい選手が多すぎる。おとなしくて感情を顔に出さないから何を考えているかわからん。生涯ライオンズと言っておきながら、さっさと出ていった元ライオンズの岸や浅村、牧田、渡辺直人、星がいい例だろう。
ライオンズが野武士集団と言われたのは、12球団の中でもダントツに個性的な強者が揃っていた。

今回ベストナインにライオンズがら5選手が選ばれたけど、西鉄時代は、投手稲尾、捕手和田、一塁大下、二塁仰木、三塁中西、遊撃豊田、レフト関口、センター高倉と9人中8人が選出されるくらいすごかった。当時にFAがあったとしてもこういう連中は仁義を通したよ。

今日、楽天でロッテから移籍した鈴木の入団会見の席上で、今のFA制度はおかしいとアゴちんがほざいていたが、FA制度をおかしくしているのはオメエだよと江戸っ子弁で言いたい! いいかげんにしろ~、そのうち、ワンマンオーナーから首をばっさり落とされるぞ~



2019年ベストナイン

プロ野球担当記者によるベストナインが発表された。
【パ・リーグ】
投手 千賀滉大(ソフトバンク) 初
捕手 森友哉(西武) 2年連続2度目
一塁手 山川穂高(西武) 2年連続2度目
二塁手 浅村栄斗(楽天) 4年連続4度目
三塁手 中村剛也(西武) 4年ぶり6度目
遊撃手 源田壮亮(西武) 2年連続2度目
外野手 吉田正尚(オリックス) 2年連続2度目
    秋山翔吾(西武) 3年連続4度目
    荻野貴司(ロッテ) 初
DH   デスパイネ(ソフトバンク) 2年ぶり2度目

※外崎が選ばれていないのが残念だ。浅村でなくても外崎が選ばれても文句をいうのは楽天の人だけだろうし。これも担当記者の好き嫌いだろかね。来年は外崎と金子も選ばれないとね。それだけの力があるから。


【セ・リーグ】

投手 山口俊(巨人) 初
捕手 會澤翼(広島) 3年連続3度目
一塁手 D・ビシエド(中日) 2年連続2度目
二塁手 山田哲人(ヤクルト) 2年連続5度目
三塁手 高橋周平(中日) 初
遊撃手 坂本勇人(巨人) 2年連続5度目
外野手 丸佳浩(巨人)4年連続5度目
    鈴木誠也(広島)4年連続4度目
    N・ソト(DeNA)2年連続2度目

昨日の表彰式の壇上でライオンズの選手に囲まれた日ハムの近藤選手が、インタビューで西武の一員になった感じですと言って爆笑を誘ったが、まさに見ている僕も興奮していた。

森のFAは全力阻止せよ

さて、今年もFAに参加しながら、福田に断られ、牧田に裏切られ、やられっぱなしのライオンズ。
福田や牧田がいなくても痛くも痒くもなかろうが、森がFA取ってFA宣言しようものなら、楽天、ホークスはもちろん11球団がわ~~と津波のごとくオファーしてくるのは間違いないだろう。
順調にいけば、2022年に森は国内FAを取得する。
20222年まで3年しかないんだぞ!

東京オリンピックが2020年と決まった日は、まだ7年先、6年先と遠く考えていただろうが、2020年東京オリンピックまで10ヶ月くらいしかない。
これと同じように2022年まで時間があると球団が悠長に構えていたら、顎の長い男がいる球団が、裏から忍び寄ってくるぞ。
いいや、もうタンパリングしているかも知れないという危機感を持って欲しい。

森が宣言する前に、今年から長期6年40億円くらい出して複数年契約をしといたほうがいい。
いや絶対に複数年契約をやるべきだ。

来季は金子侑司と、増田投手が国内FA予定だ。
近々の契約更改は絶対に複数年契約をゴリ押ししてでも、FA残留を約束させろ、ハゲQ~~!!

[blogcard url=”http://npb.jp/news/detail/20191125_01.html

この記事をご覧いただきありがとうございます
他の人のライオンズブログもお読みください
↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

(いつも読んでいただきありがとうございます!)

コメント

  1. L党一筋41年 より:

    長期複数年契約すべき。楽天にやられっぱなし。

     前年では遅すぎ、それに加え山川、外崎もそう、べ-スを下げ、出来高大幅UP式など工夫してみたら

  2. 匿名 より:

    球団はF A流出阻止プロジェクトかなんか作るべき。

  3. L党一筋41年 より:

     私も匿名さんの意見に賛同します。とにかく手を打たないと。そして情報漏洩がないことです

タイトルとURLをコピーしました