山川のHRに大喜び

ニールの力投!外崎アップルパンチ・山川ドスコイでバンクに薄氷の勝利【動画あり】

前半戦最後のソフトバンク3連戦の2ゲームはすべて1点差で負けての最終戦。
先発はニール、相手先発は和田。

試合経過

絶対に負けられないゲームだが、立ち上がりから和田の球威、制球が抜群で、まったく打てない。
そうした中でニールも前回登板のように打たせて取るピッチングをしていたが、思わぬというか、西武の弱点の一つでもある守備からほころびが始まった。




3回裏牧原の一二塁間のゴロを山川が捕球して、一塁カバーに入ったニールへ慌てて送球。
投げるのが早くベースカバーに入ったニールが捕球できず落球。

次の周東にレフトへヒット打たれ、一塁、三塁とされ福田に犠牲フライを打たれ1点を先制され、デスパイネにもタイムリーを打たれこの回2点を取られた。和田が5回一死まで安定した投球だったが、森に代わった岡田がなんと1号ソロ、金子が倒れたが、木村もまさかの4号ソロで同点に追いついた。
これで和田はガックリきて、秋山を四球、源田にヒットを打たれ、外崎のところでワンボールワンストライクにした後ベンチに下がって交代。
外崎アップルパンチ
外崎はこの2打席までまったく和田のタイミングに合わず2三振していたが、田中に代わって、息を吹き返したか、ライトオーバーの2点タイムリー3塁打のアップルパンチで4:2と逆転した。

6回にニールは二死を取ったが上林に四球、甲斐にヒットを打たれ、一塁、三塁となったところで武隈にスイッチ。
この武隈が代打塚田に初球をいとも簡単にヒットを打たれ1点差に。

武隈だけど、こうした試合に出すのはやめたほうがいい。

1点差に追いつかれた7回は先頭の秋山が2塁打でチャンスを作るが、源田、外崎が倒れ二死三塁で山川が打席に。
初球を大きく空振りした後の2球目をなんとドスコイ29号2ラン!

続く中村も初球のカーブをレフトポールへ通算399号ホームランで7:3として勝ちが見えてきた。

7回裏はマーティンが登板して、この日は安定感があった。

8回は平井、9回は増田が締めて勝利。

7;3と点差を見れば安定した価値だったが、ソフトバンク戦は点差に関係なく薄氷の勝利だ。

ロード9連戦のまとめ

チャンスを作っても中軸(特に外崎と山川)が打てず、好調の中村の前にもランナーを貯めることができずに、得点力が落ちた。
先発では、期待の今井と高橋光成が勝ち試合を作れずにゲーム早々に先制点を取られたり、すべて後手後手に回った。

多和田や榎田が去年みたいな成績ならば、この9連戦も勝ち越して首位争いも面白くなったのだが。

ソフトバンクとは選手個々の力の差を見せつけられた。

ファームに落ちた多和田も2試合に先発して何とか自信を取り戻しつつある。

後半戦は前半戦の負けを取り戻せるような活躍をしてほしい。



スコア表

西武VSソフトバンク 14回戦 西武6勝8敗

勝利投手:ニール4勝1敗 敗戦投手:和田 2勝2敗
セーブ:
本塁打:岡田1号、木村4号、山川29号②、中村14号

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 安打 失策
西武 0 0 0 0 4 0 3 0 0 7 8 0
ソフトバンク 0 0 0 2 0 1 0 0 0 3 8 0

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!
ライオンズ応援ポチっとね⇓
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA