オコエ

楽天がライオンズへの挑戦権に王手!CSファーストステージ第1戦

今日から始まったクライマックス・ファーストステージ

パ・リーグはソフトバンクと楽天イーグルス。
セ・リーグは、横浜Denaと阪神タイガース。

西武ライオンズのCS相手はどこになるか?
今日勝ったチームがライオンズへの挑戦権に王手をかける。
ホークス先発は千賀、楽天は則本の両エースが登板。

試合速報

1回表は二死から浅村が先制ソロを打った、
去年も浅村はCSで2本の本塁打を打っており、ここぞというときの集中力はハンバじゃないことを今日も証明した。

その裏のホークは、一死から今宮が右中間へソロホームランですぐさま同点。

2回裏は一死から中村に死球を与え、CSに強い内川が逆転2ランを打つ。

しかし、回表は二死からオコエが直球高めをフルスイングしてレフトへホームランで3:2と1点差に迫る。

さらに5回表も二死から、また浅村に同点2号ソロを打たれガックリする。

千賀投手はスピードは出ているが、打者が振り遅れるほどの威力がない。
それと与四球が両リーグで一番多いのが千賀投手。

短期決戦では死球が命取りになるので、与四球を警戒して、コントロール重視が裏目に出た一球だった。
則本は1回、2回と打たれたが、6回までの3点に抑えて降板。

千賀投手は気力を振り絞って、7回も投げるが、二死から茂木に外角ストレートをレフトスタンドで逆転ホームランされた。

これで一気に楽天へ流れが行く。

7回裏は宋、8回裏は森原とレギュラーシーズン後半で調子がよかた2人を投入してゼロに抑える。
9回表の楽天は高橋純平から一死後に島内が四球を選び、打者茂木のときにキャッチャー甲斐がボールを前にこぼすと、果敢に島内がセカンドへ。これを見た甲斐は慌てて2塁へ送球するが、これが悪送球になって島内は3塁へ進塁。

二死から浅村がセカンド右へ抜けそうなゴロをセカンドの明石が候補して3アウトかと思ったが、明石の早急もそれて内川が後逸して、島内が生還。
これで5:3とした。

そして9回裏は松井が3人を抑えて、5;3で楽天が勝利して、ライオンズへの挑戦権に王手をかけた。

浅村が2本のホームランを打ってチームを逆転勝利に導いた。
もし楽天が相手なら、言うまでもなく浅村を封じ込めないといけない。

第2戦はもつれて接戦になってくれ~

明日は絶対にソフトバンクに接戦で勝って欲しい。

とにかく、もつれにもつれて、両チームとも投手を使って欲しい。
明日はホークスがバンデンハーク、楽天は美馬。
ホークスは美馬を苦手にしているだけに、なんか一気に楽天が勝ちそうな気配だが、それで困る。

とにかく乱打戦になって、両チームともライオンズ戦に温存する予定の先発投手を投入して欲しい。

ソフトバンクは、高橋礼、和田、甲斐野、森など、楽天は岸、塩見、弓削、辛島といった投手。
そうなれば、どちらがらライオンズの相手になろうが、ライオンズが優位にたつからだ~

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA