1. 2018年公式戦結果
  2. 16 view

ソフトバンクホークスとのプレーオフ前哨戦に3連敗!負けた原因を探る

斎藤大将

ソフトバンク18回戦
先発は2年ぶりの郭俊倫。相手は前回負けている大竹。
初回二死後グラシアルのボテボテ3塁ゴロを中村が見送りヒットになり、柳田にはボール先行してカウントを取りにいった3球目を29号先制2ラン。
2回は四球、四球、死球で満塁として今宮に満塁ホームランを打たれ早くも6:0。
大勢は決まりかけていたが、郭は3回から立ち直り、チームも1点ずつ返して7回に大竹を捉えて6:6の同点に。
さらに8回表に栗山、秋山の連打で8:6と逆転した。
しかし、8回裏に平井が柳田に30号2ランを打たれ同点。

延長12回裏に斉藤大将の一塁けん制が暴投から、流れはホークスに傾き、満塁とされ、増田を投入。この時点で敗戦は決定的となった。

増田はグラシアルに高めのボール球が打ちごろ加減に投げて、サヨナラ満塁ホームランを打たれた。

敗戦の原因

山川がアウトコースを徹底的に攻められ、チャンスに打てなかった。
山川だけでなく、相手は打者への研究を怠りなく、それを確実に実戦できたこと。一方、ライオンズは、先発陣が相手打者に強き気で向かっていないので、ボールが先行してホームランされる。この3試合では9発ホームランされている。
相手は満塁ホームラン2発を含み9発、ライオンズは中村、源田のソロ2発だけだった。
相手打者はボールに手を出さず出塁優先としたが、ライオンズは追いかける試合になるので、ついつい初球から手を出したり、選べば四球なのに、高めボールに手を出して凡打。
いい例が8回逆転として、なお追加点のチャンスに源田がボール球を簡単に振って三振。
なおも10回表の二死満塁でもボール球に手を出して、空振り三振だった。

こうした勝つ野球のレベルの違いが随所に見られた3連戦だった。

3試合の得点はすべてホームランによるものだけに、強気で攻めておけば最低は1勝いや2勝はしたはずだ。

この3連敗でゲームは5に縮まった。
まだ余裕はあるとはいえ、ホークス戦は7試合を残しているだけに、グラシアル、柳田対策を真剣に考えないと、優勝は難しい。

郭は初回、2回と躓いたが3回以降の投球なら、今後も使える目途がついたのは収穫だったのではないか。

西武VSソフトバンク 18回戦 西武8勝10敗

勝利投手:中田5勝3敗 敗戦投手:斉藤大将 1勝3敗
セーブ:
本塁打:柳田29号②、30号②、今宮8号④、源田2号、グラシアル4号④

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 安打 失策
西武 0 0 0 1 0 1 4 2 0 0 0 0 8 14 1
ソフトB 2 4 0 0 0 0 0 2 0 0 0 4x 12 10 0

2018年公式戦結果の最近記事

  1. 平成最後の日本シリーズ。両監督の采配に勝負の命運が分かれた

  2. CS敗退!見せつけられた投手力の差。来季こそ日本一だぞ~!

  3. 崖っぷちだよオッカサン(泣)、意地を見せろ~!

  4. 阪神時代の榎田・無責任男の十亀の両投手が試合ぶち壊したぞ~、どうして郭俊倫を出さない!?

  5. どうだ!栗山6打点だぞ~!!やれるぞ~勝つぞ~~

関連記事

読むだけでも元気になれる情報

おすすめ記事

  1. 西武ライオンズ監督

    西武歴代監督特集~西武黄金時代のトレンディーエース渡辺久信投…
  2. 選手の動き・ニュース

    松坂復帰、渡辺GMの英断にアッパレ!
  3. 選手の動き・ニュース

    秋山残留!1番センター秋山で2020年オリンピック出場!秋山…
  4. プロ野球雑記帳

    山川が打撃不振のドツボにハマった原因はひょっとすると??

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

2019名勝負

中村400号はサヨナラ劇的勝利!




アーカイブ