1. 2018年公式戦結果
  2. 15 view

今年の菊池は防御率が悪い。楽天に辛勝!

楽天7回戦。先発は菊池雄星。前回はこの登板に備えて6回で降板して、万全を尽くしたつもりだろうが、その期待通り3回までは無難な投球だった。3回にはチームが山川の2点2塁打で先制したが、4回裏には、一死のあとペゲーロに得意のスライダーをレフト前ヒットされ、初安打を許した後に、銀二に初球を左中間へ2塁打され、ウィラーのショートゴロで1点を返され、続く今井が同点タイムリー。さらに岡島にも安打を打たれ、アマダーにも空振りを取りにくインコーススライダーをレフへ逆転2ラン打たれ逆転。

その後、5回に秋山が3号で1点返し、6回には栗山のタイムリーで5:4と逆転。しかし、7回には茂木に同点2g法をレフトへ打たれた。

これで7回に降板した。

9回には相手の抑え松井から、木村ヒットで出塁、秋山が三振、打者源田のときに木村2盗に成功したが源田も三振。しかしドラマはここから、源田の三振したボールをキャッチャー安達が後逸して源田は振り逃げ。後逸したボールは、一塁側ダグアウトへ転がる間に、木村が一気に生還して1点をもぎ取った。
木村生還
ただ、木村は源田の時に走るのではなく、秋山のときに走っておれば、秋山の三振しないで、違うバッティングになっていたと思う。要するに、木村は気持ちが弱いのだ。だからレギュラーが取れない。もっと積極的に自分をアピールしないと完全に守備要因で選手生命が終わるだろう。

9回裏には増田が押えて、なんとか勝利。

西武VS楽天 7回戦 西武6勝1敗

勝利投手: ワグナー2勝0敗  敗戦投手:松井0勝3敗2S
本塁打:アマダー5号②、秋山3号、茂木2号

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 安打 失策
西武 0 0 2 0 1 2 0 0 1 6 9 1
楽天 0 0 0 4 0 0 1 0 0 5 7 0

2018年公式戦結果の最近記事

  1. 平成最後の日本シリーズ。両監督の采配に勝負の命運が分かれた

  2. CS敗退!見せつけられた投手力の差。来季こそ日本一だぞ~!

  3. 崖っぷちだよオッカサン(泣)、意地を見せろ~!

  4. 阪神時代の榎田・無責任男の十亀の両投手が試合ぶち壊したぞ~、どうして郭俊倫を出さない!?

  5. どうだ!栗山6打点だぞ~!!やれるぞ~勝つぞ~~

関連記事

読むだけでも元気になれる情報

おすすめ記事

  1. 西武ライオンズ監督

    西武歴代監督特集~西武黄金時代のトレンディーエース渡辺久信投…
  2. 選手の動き・ニュース

    松坂復帰、渡辺GMの英断にアッパレ!
  3. 選手の動き・ニュース

    秋山残留!1番センター秋山で2020年オリンピック出場!秋山…
  4. プロ野球雑記帳

    山川が打撃不振のドツボにハマった原因はひょっとすると??

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

2019名勝負

中村400号はサヨナラ劇的勝利!




アーカイブ