岸乱調で敗戦!

この記事は約1分で読めます。

ライオンズは2回に栗山のタイムリーツーベースで1点を先制したものの、先発岸が3回表に長谷川や松田のタイムリーで3点を取られ逆転される。それでもライオンズは4回、6回に1点を追加して3:3の同点に追いついた。しかし6回までの岸の投球数が120球を超えており限界近かったが7回も志願登板したが、長谷川の2ランなどで3点を奪わて、6:3で負けた。

前回土をつけた武田に今日もやられた。

●パ・リーグ公式戦 2016年8月30日(火曜日)
■18回戦:西武6勝11敗1分(西武プリンス: 18832人)

ソフトバンク0030003006
西武0101010003

▽勝利投手:武田12勝6敗
▽セーブ:サファテ0勝6敗38S
▽敗戦投手:岸7勝7敗38S
▽本塁打:長谷川8号②

タイトルとURLをコピーしました