初陣の本田KO!

本田圭佑投手が、前回のホークス戦で2回を抑えたことで、初先発を任される絶好のチャンスを作ったが3回でKO。
初回こそゲッツーで0点に抑えたが、球が見えやすい斎藤佑樹のようなフォームでは撃ち込まれる。

それと体の線が細いのでまだプロの体になっていない。
体感をしっかり鍛えて筋力をつけてパワーアップしないと1軍では通用しない。

しかし、本田の後に出てくる投手(小石 、高橋光 、松本 、野田)だが、ちょっと恥ずかしいくらい。
特に高橋光である。6回に決定的な3ランを打たれる。こりゃちょっと異常ですな。

早く2軍に落として、しっかり鍛えこまないと来季も戦犯のままになるよ。

●パ・リーグ公式戦 2016年9月18日(日曜日)
24回戦:西武10勝13敗1分(西武プリンス:31564人)

楽天 0 2 2 0 1 3 0 0 2 10
西武 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2

▽勝利投手:安楽2勝5敗
▽セーブ:
▽敗戦投手:本田0勝1敗
▽本塁打:ぺレス5号③

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。