お代わりが打たない

オリックスとの5回戦。
頼りにならない十亀が5回に逆転されて、相手ピッチャーが金子では負けは9割覚悟だったが、鬼ちゃんのヒットをきっかけに8回は逆転勝ち。十亀の後をつないだ牧田が好投して3勝目。

しかし、西武の課題であるチャンスに打たない症候群。今日も満塁やチャンスになっても、なぜかしら4番の中村が打たない。消極的だ。八百長をやっているかのように打たない。打たないのか打てないのか?打席で集中できていないようだ。

メヒア、栗山が調子がいいだけに、この桐蔭トリオが打ってくれれば首位争いにも食い込むのだが、シーズン終了間際になって、あわてて帳尻合わせにくるのも困ったものだ。

昨シーズンは栗山が給料泥棒だったが、今季は4億以上もらっている、おかわりが給料泥棒になりそうだ。さあ、明日はどうだろう?明日は害人ピッチャーバンヘッケンだが、おそらく5回は持たない。

しかし、最後の期待をして明日の必勝を祈ろう!

●パ・リーグ公式戦 2016年4月16日(土曜日)
■4回戦:西武3勝2敗(ほっと神戸:27,621人 )

西武 1 0 0 1 0 1 0 4 0 7
オリックス 1 0 0 0 3 0 0 0 0 4

▽勝利投手:牧田3勝0敗
▽セーブ:増田(1勝0敗4S)
▽敗戦投手:金子 2敗
▽本塁打:メヒア2号

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。