日ハムにまぐれ勝ち

この記事は約1分で読めます。

中村を5番に下げ、浅村4番、森3番、メヒアを外して臨んだ。
投手は敗戦濃厚な多和田。

幸いかな??
相手投手もほぼ戦力外が近い、斎藤佑樹。

初回に1点を先制されるも、その裏、森が同点打、浅村、中村と続いて3対1と逆転。さらに2回は秋山が2ランで斎藤をKO.

多和田はなんとか粘るもまだまだ安心感はなし。

しかし中村は重症ですね。
HRボールが、打っても浅い外野フライばかり。
本人は悔しいだろうが、自分から二軍行きを申し出るくらいの責任感を持てよ。変なプライドは捨てて出直して、ファンの期待に応えてくれ~。

9回まで6:1ときたが、9回ストッパーの増田はピリッとこない。このストッパー不安は何年も解消されていない。

●パ・リーグ公式戦 2016年7月28日(木曜日)
■17回戦:西武6勝11敗(西武プリンス:19165人)

日ハム1000000012
西武32000010x6

▽勝利投手:多和田2勝4敗
▽セーブ:
▽敗戦投手:斎藤佑樹0勝1敗
▽本塁打:秋山8号②、9号

タイトルとURLをコピーしました