菊池で巨人に圧勝!

菊池投手2016年公式戦結果
この記事は約1分で読めます。

巨人との交流戦1回戦に先発した菊池雄星。立ち上がりからストレート、カーブの制球もよく危なげない投球だった。4回にエラーがらみで2点を取られたが7回まで力投して6勝目を挙げた。

打線も先発の田口に手こずっていたが、西武は1点ビハインドで迎えた4回裏、1死一三塁から金子侑と秋山の連続適時打で3点を奪い、逆転に成功する。続く5回には、鬼崎の適時打などで2点を追加した。

菊池は4連勝でチーム上昇のキーマンになっているが、これまで悪いときは四球に絡んでタイムリーを打たれることが多かったが、カーブやスライダーで三振が取れるようになってから、ストレートにも威力が増している。




●セパ交流戦戦 2016年6月7日(火曜日)
■1回戦:西武1勝0敗(西武プリンスドーム: 26391人)

巨人0002001107
西武01032000x6

▽勝利投手:菊池 6勝6敗
▽セーブ:
▽敗戦投手:田口 3勝4敗
▽本塁打:

タイトルとURLをコピーしました